FC2ブログ
 
熟女好きの、熟女との性交日記。 普段は澄ましたオバさんが、あんな事も・・・こんな事も・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
112.jpg
R子は、私が呼び出すと、大抵シャワーを浴びて下着を
着替えてからやってくる。

この日は、写真を撮ろうと伝えてあったので、
お気に入りの下着を身に付けてやってきた。

熟した主婦が、家でシャワーを浴びならが股間を念入りに洗い流し、
男に会うためにお気に入りの白いガーターベルトを身に付ける。

2時間後にする事に思いを馳せ、ブラジャーも付けずにスリップを着る。
そして家には言い訳を残し、電車の中でもこれからするであろう、
イヤらしい場面を想像しながら、オ○ンコを疼かせてやってくる。

駅に迎えに行き、車の助手席に乗せると、すぐにスカートをまくり上げ、
下着を確かめ、パンティの上から、すでに疼いている股間を触る。

 「いや~ん、こんなところで・・・」
と言いながらも、拒む素振りは見せない。

それどころか、待ってましたとばかりに、股間に手を伸ばし、
チ○ポを愛おしそうに触ってくる。

113.jpg
 「ねぇえ~ん、早くホテルに行きましょ!」
そう言うR子を無視して、パンティの脇からオ○ンコを直接触る。

準備を始めてから2時間の間、ずっとスケベな事を考えていたせいか、
R子のオ○ンコはすでに濡れている。

クリ○リスを擦るように触り、オ○ンコに指を入れる。
濡れたオ○ンコは、あっさりと指を飲み込んだ。

 「あぁ~~ん・・」
と、早くも感じ始めた。

すぐに指を抜き、変わりにピンクローターをクリ○リスに当るようにセットし、
止めた車のエンジンを掛け、ホテルに向かう。

もちろん、ローターのスイッチを入れたり止めたりしながら・・・


スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jyukujyodaisuki.blog42.fc2.com/tb.php/82-cef637ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。