FC2ブログ
 
熟女好きの、熟女との性交日記。 普段は澄ましたオバさんが、あんな事も・・・こんな事も・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
014

バイブを抜き取ると、オ〇ンコはグチュグチュになっていた。
ぱっくりと口を開け、なんともイヤらしい。

  「入れて~っ、早く入れて~」
  「お願いっ、オ〇ン〇ン、入れて~ん」

そう言われると、男としても入れたくてたまらなくなる。
が・・・
まだ焦らす。

  「どこに、何を入れて欲しいんだ?」
  「言うまでは入れないぞ」

熟しきっているR子の口から、卑猥な言葉が出る。

  「あたしのオ〇ンコに、〇〇のオ〇ン〇ン、入れて欲しいの」
  「硬くて大きい〇〇のオ〇ン〇ンが、好きなの」
  「イヤらしいオ〇ンコに、早く入れて欲しいの」

015

はいはい、分かっています。

もう自分も限界だ。
邪魔な拘束具の股間部をはずす。
イヤらしく口を開いたオ〇ンコに挿入する。

イヤらしい音と、熟女の声が部屋に響く。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jyukujyodaisuki.blog42.fc2.com/tb.php/8-ed71bae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。