FC2ブログ
 
熟女好きの、熟女との性交日記。 普段は澄ましたオバさんが、あんな事も・・・こんな事も・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
020_20081030092807.jpg

セックスの後、一緒にシャワーを浴びた。

両手にボディソープを付け、数時間前に初めて会い、さっきまで私の下で
喘ぎ声を上げていたK子の体を、この手で洗った。

シャワーで流すと、一緒に思い出も流れていくような気がして、
少し切なさがこみ上げてきた。

他愛の無い話で残された一時を過ごした後、身支度を整え、ホテルを出た。

021_20081030092814.jpg

駅までの道を、いろいろな話をしながら二人は歩いた。

肩を抱く事も出来なかった。
手をつなぐ事も出来なかった。

もっと一緒に過ごしたかったが、あっと言う間に駅についてしまった。


深夜のホームに着くと、そこは飲み屋帰りの酔っ払いたちで溢れていた。

同じホームから逆方向の電車に乗るため、あとほんの少しだけ二人には
一緒の時間が残されていた。

でも・・・
大した話をする事が出来なかった。

K子をもう一度抱きしめたかった。
でも人が多くて、抱きしめる事が出来なかった。

K子は、ニッコリと微笑みながら、
『ありがとう! 楽しかったよ♪』と私の顔を見ながら言った。

屈託の無い、可愛らしい笑顔だった。
その笑顔を見て、言いたい事がたくさんあるのに、伝えたい事がまだあるのに・・・

言葉に詰まってしまった。
声に出来なかった。


K子が差し出した右手を握り返すのが精一杯だった。
「うん、オレも楽しかったよ・・・」

やがてアナウンスが流れ、K子の乗る電車がホームに滑り込んできた。
私がK子の背中を軽く押すと、右手を小さく振りK子は電車に乗り込んだ。

私はK子から視線をそらす事が出来ないでいた。
ずっとK子の姿を眺めていた。

K子は一度も振り返らずに電車に乗り込むと、ホームに背を向けるような体勢で
1人ポツンと立っていた。

もう一度、K子の顔が見たい! 
そのささやかな願いは届かず、電車はホームを離れていった。


 そして、K子は私の前からいなくなった・・・

1人取り残された私は、切なさと、愛おしさと、寂しさがゴチャまぜになったような、
不安な気持ちになっていた。

 K子にまた逢いたい!
 この手でもう一度抱きしめたい!

K子と、もう一度逢えるのだろうか・・・

熟女のオナニーを見てみたいなら・・・
    ↓   ↓   ↓
熟マンどっとこむ
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jyukujyodaisuki.blog42.fc2.com/tb.php/129-e6cc2f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。