FC2ブログ
 
熟女好きの、熟女との性交日記。 普段は澄ましたオバさんが、あんな事も・・・こんな事も・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
K子の愛おしいオ○ンコを、しばらくの間舐め続けた。
K子にもっと感じて欲しかった。

私の事を、心でも体でも、その記憶に残しておいて欲しいと思いながら、
K子の全身に愛撫を続けた。

そして、K子の股間を広げ、下半身を割り込ませるように覆いかぶさった。

硬直したチ○ポの先端をK子の陰唇に擦り付けると、一度挿入して愛液が溢れているためか、
ピチャピチャとイヤらしい音がした。

011_20081030092647.jpg

そして、”ヌルッ”と、奥まで一気に入った。

 「あああぁ~~ぁ~~」

K子の喘ぎ声が、私の興奮をより一層高めた。
深く浅く、早く、そしてゆっくりと、私はK子のオ○ンコにチ○ポを打ち込んだ。

限界が近づくと動きを止め、K子の愛らしい顔をじっと眺めた。
K子の全てを、この目に焼き付けたかった。

K子の全てが愛おしかった。
この時の私は、肉体的快感よりも、感情の方が遥かに高まっていた。


私はK子のヒザの裏あたりを抱えるようにして、K子の陰部を上に向けた。
そして私は上から下に打ち付けるように、ピストン運動を繰り返した。

K子は、
「奥に当って、気持ちいいぃ~~」
と、喘ぎながら言葉にした。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/13(木) 18:20 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jyukujyodaisuki.blog42.fc2.com/tb.php/125-c7b9c9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。