FC2ブログ
 
熟女好きの、熟女との性交日記。 普段は澄ましたオバさんが、あんな事も・・・こんな事も・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬が間近だというのに暖かな、雨の降るある日の夕暮れ時。

新幹線の改札口を見下ろす位置にあるスタバのカウンターで、
これから起こるであろうイヤらしい出来事に妄想と股間を膨らませながら、
金曜日の慌しい人の流れをガラス越しに眺めていた。

かれこれ、もう1時間はそんな景色を眺めていただろうか。

ふいに携帯にメールの着信があり、私は自分がその場所にいる目的を改めて感じていた。
その目的とは、ある女性に逢い、そしてセックスをするという事であった。

私は、久しぶりに味わうような、不思議な感覚に包まれていた。
遠い昔に味わったことのある、心が切なくなるような感覚にも似ていた。
間違いなく、ただ性欲を満たすためだけにその場所に来ているのではないと感じていた。


そして振り向くと、笑顔の彼女がそこにいた。

それがK子との初めての出会いであった。

001_20081030092524.jpg

初めて見るK子の姿は、私を魅了するには十分すぎるほど、輝いて見えた。

沢山の人が行きかうその場所で、一度も逢った事のない彼女の事が何故ひと目で
分かったのか、自分でも不思議だった。

K子は、小柄で笑顔が可愛く、優しそうな女性であった。
とても私と同年代とは思えないくらい、若々しく見えた。

その可愛い女性と、これからセックスをする事になるのだ。
そう考えると、思わず股間の愚息がムクムクと頭を持ち上げ始めた。

 『まずい、このままではヘッピリ腰で歩くハメになる・・・』

意識を違う事に集中し、ポケットに手を突っ込んで、なんとか誤魔化した。


すでに雨の上がった夕暮れの街を、他愛の無い話をしながら、
ホテル街に向かって二人は歩いた。


 彼女とは、巡り逢う運命だったのだろうか・・・

それにしても、不思議な出会いであった。

002_20081030092529.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jyukujyodaisuki.blog42.fc2.com/tb.php/118-371ac855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。