FC2ブログ
 

熟女ノススメ;2008/ 08の記事一覧

ここでは、熟女ノススメでの 2008年 08月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
125.jpg
同じポーズのまま、スリップの胸をちょっとはだけてみた。
オープンブラから見える乳首が、非日常的でなんともイヤらしい。

R子は、初めの頃はこのような衣装やオモチャに乗り気ではなかった。
しかし、今では嫌がりもせず、かえって欲しがっているようにさえ感じる。

ランジェリーは、私がガーターやレース、イヤらしいモノが好みだと言ったら、
自ら買い集めるようになった。
私が喜ぶのが嬉しいと言う。


男でも女でも、好きな相手やパートナーには喜んで貰いたいと思っている。
ただ、時間が経つと、つい相手の事を考えず自分本位になってしまう。

いつまでもパートナーを喜ばせる男でいたいものだ。


スポンサーサイト
[PR]

124.jpg
白の下着から黒の下着に着替えさせて、
撮影の続きをした。
もちろん、その間もR子の体は触ってあげていない。

アクセントに、皮のオープンブラとパンティも身に付けさせた。
黒のランジェリーは、艶かしい感じがして、大好きである。

皮のパンティが、一番感じるクリ○リスを刺激しているからか、
いつもより大胆になっているR子であった。


最近、マンネリ化してきたせいか、もっと刺激が欲しいと感じる。
相互鑑賞カップルルームにとても興味を持っている。

だが、なかなかR子が良い返事をしない。
どうすればいいだろうか・・・

う~~ん、なんだか興味あるなぁ・・・
   ↓    ↓    ↓
123.jpg
体には触らず、ただポーズだけ取らせて写真を撮っていた。
もちろん、R子の大好きなチ○ポも触らせてはいない。

言葉とポーズと写真だけで、相当にテンションが上がってきたようだった。
早くして欲しくてたまらない様子であった。

今日はとことんガマンしてみよう、そう決めていた。
だから、言葉で要求しない限り、何もしてやらない事にした。

そのイヤらしい尻を突き出したポーズから、
仰向けに体勢を変えると、自ら股を開いた。

パンティを食い込ませた陰部は、きっと相当濡れていたに違いない。
時々、自ら腰を動かす素振りを見せた。

 「ねぇ~~ん・・」

と、甘えた声を出し、何かをねだっていた。

 「ねえ、じゃ分からない。何をしたいのか、ちゃんと言え。」
 「それとも、何かして欲しいのか?」

R子は、私を興奮させたらその大好きなオチ○チンを
イヤらしく濡れたオ○ンコに入れてもらえると思っているのか・・・

それとも、ただ好きだからなのか・・・

すぐにオシャブリをしたくなるのが常であった。


122.jpg
しばらくR子にポーズをとらせながら尻遊びをした。
そして、写真を撮りながら、言葉攻めもしてみた。

「パンティを食い込ませてお尻を突き出すなんて、イヤらしいな」
「いつもこんな姿を他の男にも見せているのか?」

首を振るR子・・・

「ガーターに紐パンティは、旦那も好きな格好なのか?」

さらに首を振るR子・・・

「じゃあ、何でこんなイヤらしい下着でお尻を突き出しているの?」
「誰に見せたいんだ?」

そう言いながら、食い込んだパンティの後ろ側を引っ張り上げた。

 「あぁ~~ん~・・・」

もっと強い刺激が欲しいのか、尻をモゾつかせた。
もうすでにグッチョリ濡れているであろうオ○ンコは、まだ直接触ってはやらない。

何かを催促するかのように、一人で腰を動かし始めた。


120.jpg
誰でも、ストレスを抱えて生きている。
日々の生活に追われ、仕事に追われ、子育てに追われ・・・
人に言えない欲求欲望も満たされずに。

男も女も、仮面を被って生きている。
男らしく、女らしく生きようとする。
心の底を人に見せないように、知られないように・・・

人は欲望の生き物である。
野生の動物と違い、欲望の塊である。
あれも欲しい、これも欲しい、満たされたい、満足したい・・・


性欲も、大事な欲求である。
しかし、多くの人はそれを隠そうとする。
大切なパートナーにさえ言えない事が多い。

多くの場合、セックスの不一致は、想像以上に辛いものだ。
歳を重ねてくると、経験を重ねてくると、若い時以上に辛くなる。

しかし、満たされている人は、男でも女でも、意外と少ない気がする。
こればっかりは、実際に会っても、話をしても、それだけでは分からない。

そして、ほとんどの人は、本当の事を言わない。
決して他人には話さない。

121.jpg
フリーセックスを推奨する訳ではない。
誰でもいいからセックスしたい訳でもない。

 ただ、満たされたい・・・

もし、あなたがそう思っているのなら、発散してみる事をお勧めする。

生活を壊さず、家庭を壊さず、仕事に負担を掛けず、発散してみればいい。
世の中が変わるかもしれない。

性欲や肉欲が満たされると、心も満たされる事もある。
たとえ、それが一時のものでも、満たされないよりはマシだ。

あなたの欲望を打ち明けられる人が、きっとどこかにいる筈だ。

多くの人妻も、このような欲望を持っている!
   ↓    ↓    ↓



119.jpg
私はガーターベルトが大好きだ。
だから、お付き合いする女性には、よく身に付けてもらう。

しかし、ほとんどの女性は、日用的では無いと言う。

それはそうだろう。
パンティストッキングの方が、コストも安く、簡単で、ズレにくいだろう。

街を歩く沢山の女性の中に、ガーターベルトを身に付けている女性は、
いったいどれくらいいるのだろうか・・・?

どこかの下着メーカーが、そんな調査結果を発表してくれたら嬉しいのだが、
今までにそのような発表は聞いた事が無い。


R子は、私に会いに来る時は、ほとんどガーターベルトを身に付けて来る。
レースのスリップも身に付けて来る。
ノーブラで来る事もある。
ノーパンの時もある。

頭の中は、イヤらしい事でいっぱいになっている。
オ○ンコを疼かせている。

街を歩いている沢山の女性の中で、ガーターベルトを身に付け、
イヤらしい事を考え、オ○ンコを疼かせている女性は、R子だけなのだろうか・・・?

もしかしたら、他にもいるのではないだろうか・・・?

 あの女性は、スカートの下にどんな下着を履いているのだろうか・・・?
 そこのステキな女性は、いったいどんなセックスをするのだろうか・・・?


いけない、いけない!
また、いつもの妄想が始まってしまった。

妄想しながら、女性の逝く姿を見るなら・・・
   ↓   ↓   ↓   ↓




117.jpg
私は、多くの男性と同じように、女性の尻が大好きである。
特に熟女の尻は、なんともイヤらしい感じがして、特に好きである。

今までに、いったい何人の男たちに見せ、触らせ、弄られてきたのか・・・
何度、このように尻を突き出すポーズを見せてきたのか・・・

そんな事に思いを馳せながら眺めると、また不思議な感情になる。

 「尻に歴史あり・・・」

118.jpg
セックスがパターン化するのと同じように、四つん這いの形にも、
人それぞれに特徴がある。

手の平で体を支えて腕を伸ばす女性・・・
肘で体を支える女性・・・
腕を使わずに肩や顔で体を支える女性・・・

足の開き方、尻の突き出し方、背中の反らし方・・・

そうやって観察すると、案外面白い。


ここで、全ての女性にここで言っておきたい事がある。
出来たら、ガーターの上からパンティを履いてほしい!

そうすれば、ガーターはそのままで、パンティだけを脱がす事が出来るから・・・
(たとえヒモパンでも!)




116.jpg
長年、夫婦生活を営んでいる人妻になると、
セックスにもパターンが出来る。

旦那さんの好みや要求によるものなのか、本人の好みなのか・・・
大抵の場合、セックス相手が長い間一人だと、間違いなくパターン化する。

よその奥さんと、うまい具合にそういった関係を持つと、
初めはお互いに様子を見る事も多い。

しかし、打ち解けてきたり心が解れると、大胆になってくる。
そして、普段のセックスパターンが見えてくる。

こちらが要求しないとフェラチオもしない女性もいれば、
何も言わなくても、首筋から乳首舐め、アナル舐めをする女性もいる。

これは、明らかに普段のパートナーの好みによるものだろう。

だから、意識的に、彼女たちが普段はしないであろうセックスを人妻にさせる。

しない事をさせる。
されない事をしてあげる。

彼女たちがそのひと時を楽しく、そして性的にも満足してくれればそれでいい。
お互いに欲望を満たし、満足出来れば、それでいい。

無修正動画サイト サンクチュアリ




115.jpg
ホテルに着くとR子は、いつも風呂の支度をし、お茶を入れる。
理由は分からないが、なぜかお茶を入れる。

私の数少ない主婦たちとの経験では、意外と共通の行動が見られる。
普段、家でし慣れている事を無意識にしてしまうのか。

例えば、自ら風呂の準備をしたり、食事の心配をしたり、
お茶を入れてくれたり、私の時間を心配してくれたり・・・

もちろん、セックスの好みは違う。

ただ、共通しているのは、皆心が満たされていない事か。
なぜかそう感じる事がよくある。

あと、意外とサッパリしているところも共通している。
後ろ髪を引かれる思いで会いに来ている、という感じは無い。

あっけらかんとセックスを楽しんでいる感じさえする。
そして、家に帰っていく。

114.jpg
もちろん、お互いに家庭を壊す気などない。
ただ、その一緒にいる時間を楽しみたいのだ。

当然、別れはやって来る。
思いのほか早くやって来る事もあれば、意外と長く続く場合もある。

こちらが入れ込んでしまった場合、突然別れを切り出されると、
案外男はだらしが無い。

意外とメソメソしたり、クヨクヨしたり、後に引きずったりする。
こんな時は、明らかに女性の方が強いものだ。

「男は女々しくて、女は男らしい!」
という言葉を聞いた事がある。

まったくその通りだと思う。
女性は強い! 間違いなく、そう思う。

強くて、優しくて、柔らかくて、暖かくて、愛おしくて・・・
そんな女性たちが、大好きだ!



112.jpg
R子は、私が呼び出すと、大抵シャワーを浴びて下着を
着替えてからやってくる。

この日は、写真を撮ろうと伝えてあったので、
お気に入りの下着を身に付けてやってきた。

熟した主婦が、家でシャワーを浴びならが股間を念入りに洗い流し、
男に会うためにお気に入りの白いガーターベルトを身に付ける。

2時間後にする事に思いを馳せ、ブラジャーも付けずにスリップを着る。
そして家には言い訳を残し、電車の中でもこれからするであろう、
イヤらしい場面を想像しながら、オ○ンコを疼かせてやってくる。

駅に迎えに行き、車の助手席に乗せると、すぐにスカートをまくり上げ、
下着を確かめ、パンティの上から、すでに疼いている股間を触る。

 「いや~ん、こんなところで・・・」
と言いながらも、拒む素振りは見せない。

それどころか、待ってましたとばかりに、股間に手を伸ばし、
チ○ポを愛おしそうに触ってくる。

113.jpg
 「ねぇえ~ん、早くホテルに行きましょ!」
そう言うR子を無視して、パンティの脇からオ○ンコを直接触る。

準備を始めてから2時間の間、ずっとスケベな事を考えていたせいか、
R子のオ○ンコはすでに濡れている。

クリ○リスを擦るように触り、オ○ンコに指を入れる。
濡れたオ○ンコは、あっさりと指を飲み込んだ。

 「あぁ~~ん・・」
と、早くも感じ始めた。

すぐに指を抜き、変わりにピンクローターをクリ○リスに当るようにセットし、
止めた車のエンジンを掛け、ホテルに向かう。

もちろん、ローターのスイッチを入れたり止めたりしながら・・・


110.jpg
ホテルの部屋に入るとすぐに、R子の携帯が鳴った。
どうやらメールのようだ。

誰からなのか? なんて野暮な事は聞かない。
聞かなくても、おおよそ見当はつくものだ。

これから亭主以外の男とセックスをするというのに、
戸惑う様子もなくメールの返信をしている。

遅くなる言い訳でもしているのか・・・
まあ、そんな事はどうでもいい。

この日は、事を始める前に写真を撮ろう、
と言ってあった。

初めは乗り気では無かったようだが、
いざ始めると、まるでモデルになったようにポーズをとる。

しかし、悲しいかな、ポーズを決める、なんて事を経験していないので、
全ての動きやポーズがぎこちない。

111.jpg
メールの返信も終わり、ベッドに勝手に上がって、
やる気満々のご様子である。

やる気満々の人妻たち
  ↓   ↓   ↓
109.jpg
いつもそうなのだが、ハメだすとなかなか上手く写真が撮れない。
心はオ○ンコにいってしまうし、アングルも難しい。

だから、片手にデジカメを持ち、テキトーに撮っている。


一度、相互鑑賞をしながら、イヤらしい写真を撮り合ってみたいと思う。

どんなものなのだろうか・・・
どんな気持ちになるのだろうか・・・

生で、間近で他人のセックスを見たり、
また自分たちのセックスを見せてみたり・・・

未知の世界である。


R子は見ての通り、ポチャである。
まあ、デブと言ってしまえばそれまでなのだが。

その分、抱き心地は良い。
一生懸命奉仕もしてくれる。
「感じてくれると嬉しい♪」と言う。

月に1~2回、したくなると呼び出しセックスをしている。
ホテルでセックスさえすれば、他の要求は何もしない。

しかし、そんな関係も3年続くと、やはりマンネリになってくる。
刺激が欲しい!と感じる、今日この頃である。

人妻の本当の姿を見たいのなら・・・
   ↓   ↓   ↓




108.jpg
いい年して、妄想だけで興奮してくるなんて、
我ながら困った男である。

さて、R子との続きだが・・・

青いロープで縛ったうえに、3つのバイブのスイッチを入れ、
体を突っ張らせて感じているR子の上に乗り、しばらくフェラチオさせた。

時々口の動きが止まり、声にならないあえぎ声をあげながら、
一生懸命、大好きなチ○ポをしゃぶり続けた。

口から抜いては横をしゃぶらせたり、アナル舐めをさせたりした。
そうこうしているうち、我が愚息にも限界がやってきた。

 ダメだ・・・
 もう入れよう・・・
 いや、入れたくてたまらない・・・

全てのバイブを抜き、イヤらしく濡れたオ○ンコに、生で挿入した。

よその奥さんの淫らな姿を見るなら・・・ 
     ↓   ↓   ↓

106.jpg
バイブ攻めをしばらく続けた。
スイッチをオン・オフしながら、その感じている様子を見て楽しんだ。

デジカメを動画モードにし、いろいろな角度から撮影してみた。
その動画を後日見てみると、本当にエロい。


人間、表には出さないが、実はいろいろな性癖を持っているものである。

自分では性癖などと感じていなくても、
頭の中では、結構口に出せないような事を考えたり、妄想したりしている。

きっと、多くの人がしている。
私も、よく妄想する。

たとえば、このエロい熟女の動画を見ていて

 ・亭主がこれを見たら・・・
 ・R子の近所の奥さんたちが集まっているお茶会で、
  この動画を皆に見せたら・・・
 ・R子の会社の男たちに、R子のイヤらしい姿を見せたら・・・

実際に、R子の上に乗って、グラインドしながら耳元で言った事がある。
そんな時は決まって、手に力を入れ、いつも以上に激しく、そして
イヤらしくなっていく気がしている。


先日、町内で夏祭りがあった。
当然、顔見知りもご近所の奥さんたちも、たくさん来ていた。

男連中で、ビールを飲みながら話をしていた。
話しながら、よその奥さんたちの後姿を見ていた。
そして、勝手に妄想していた。

 ・どんなパンティでその尻を隠しているのだろう・・・
 ・どんなセックスを好むのだろう・・・
 ・感じてくると、どんな声を出すのだろう・・・
 ・浮気をした事はあるのだろうか・・・
 ・フェラチオは上手だろうか・・・
 ・バイブ攻めをしてみたら・・・
 ・ロープで縛ってみたら・・・
 ・野外で露出してみたら・・・
 ・イヤらしい姿を撮影してみたら・・・

妄想は、誰にも迷惑は掛けないし、何と言ってもタダである。
もちろん、考えるだけなので犯罪でも無い。

こんな、どうしようもない妄想をするのは、きっと私だけではないハズだ。

ここでは、そんな妄想を現実の姿で見られる。
    ↓     ↓     ↓




105.jpg
R子は、当初は恥ずかしがって、隠語などは言わなかった。
やはり幾つになっても、男の前でイヤらしい、卑猥な言葉を
言うというのは、恥じらいがあるのだろう。

 だからこそ、言わせたい!

というのが、男心なのである。

何回かセックスをして、だいぶ慣れてきた頃から、
何をどうして欲しいのかを言わせるようにしてきた。

「入れて・・・」
  「何を・・・?」
  「どこに・・・?」
  「なんで・・・?」

こちらも当然早くオ○ンコに入れたいのだが、ガマンして
言わせるようにしてきた。


この時も、アナルバイブだけで焦らされていたためか、
「あ~~んっ、オ○ンコにもいれて~ぇ」
「硬くて大きいオチ○チン、早くオ○ンコに入れてぇ~」
「あたしのグチュグチュになったイヤらしいオ○ンコに、入れて欲しいlのぉ」


などと、普通の主婦なら亭主以外の男の前では、とても言えないような
恥ずかしい言葉を、自ら言っていた。

もちろん、すぐには入れてやるハズもない。
仰向けに体勢を変え、クリ○リスに当るよう、強力バイブを縄で固定した。

アナルバイブも、もちろん入れたままなのは、言うまでもない。
ただ、オ○ンコが少し寂しそうに涙(淫汁)を流していたので、
ローターを入れてやった。

まあ、今更ローターを入れたところで、満足などできるハズもないのだが。

そして、お待ちかねの、スイッチオン!

まず、いったんオフにしておいたアナルバイブをオンにする。
イヤらしい声を出しながら、腰を動かしだす。

続いて、ローターのスイッチもオン!
声が大きくなり、腰の動きも一段と大きくなる。

さらに、100ボルトの強力バイブのスイッチをオン!
まるで、絶叫のような声を上げ、自由に動かない体を突っ張らせる。

そのまま少しの間放置して、そのイヤらしい様子を楽しんだ。
タバコを一服しながら、
 『一度でいいから女になって、そんなに気持ち良い事を味わってみたいなぁ』

などと、くだらない事を考えてみた。
107.jpg

大人の色気の先にあるもの・・・

素人カップルたちのハメ撮り映像が流出!

様々な理由で援助交際に走る人妻達…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。